想いは、かたちに。

​書で、優しくあなたをつつみこむ。

書道家 紅舟の書く、命を宿した線の世界
​書道家     

雅号 紅舟 (コウシュウ)

1993年生まれ・東京都在住

8歳より初めて筆を持ち、書道を始めて19年目となる。(2020年現在)

 

歳を重ねるごとに書に対する関心が深くなり、より専門的な知識、高度な技術を習得するため、昭和女子大学人間文化学部日本語日本文学科に進学し、書写・書道教諭の資格を取得。大学では書道部に所属し主将を務める。書道部初の野外パフォーマンスも成功を収める。日本を代表する書展のひとつである『毎日書道展 入賞』『毎日女流書展 秀作賞』『高野山競書大会 特選』他、数々の賞を受賞。

 

2011年 正師範免許状取得

同年より広告に使用される書道に興味を持ち、筆文字の受注制作を始める。関東を中心に、父の出身地である熊本、福岡、母の出身地である静岡でも活動を開始。

2015年 書写・書道教諭として勤務

書道家の活動と併用しながら、もう一つの夢であった私立中学高等学校の書写・書道講師として2年間務める。

現 在 書道家として活動中

SNSで近年注目されているTikTokでは、180万回再生されるコンテンツを配信し、フォロワー1万3千人を突破。法人向けの受注として看板制作を始めとし、商品ロゴデザイン、パンフレット・リーフレット、ポスターのロゴデザインを担当。また書道パフォーマンスも行う他、個人向けとして、2018年から『おとなのための紅舟書道教室』というおとな限定のお教室をスタートさせている。講座開設、命名書やウェルカムボード、目標額や名刺デザイン等、活動は多岐に渡る。

 
お問い合わせ
 
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2017 by Koushu Calligraphy

幼い頃からの知り合いで小学生の頃、教室に飾られていた書道の作品をみた時に大きくて力強い字だなと感じた事を今でも覚えています。
そんな彼女が今書道家であると聞き現在の作品を拝見した時にとても心を打たれました。
この素敵な字で子供たちの命名書を書いて頂きたいと思い依頼しました。

 

依頼した時は"ただ、名前を書いてもらうだけ"という気持ちでいましたが
作品を仕上げるまでの過程で私たち親の子供に対する思いや子供たちの性格を聞かれた時に一筆一筆に心を込めて書いてくれているんだと思い嬉しく感じました。

 

実際に完成品を目にした時、まずは息子の命名書ははっきりとした字体で男らしいとても力強い字だなと感動しました。
周りからも息子らしいと賞賛されたり息子らしいやんちゃさもでているような、そんな感じがしました。

 

次に娘の命名書をみて息子とはまた違う女の子らしい柔らかさや名前にも使われている"優"しさのある字体だなと感じました。
依頼した時娘は生まれたばかりだったので字や由来からも伝わる優しい子に育ってほしいなという気持ちでいました。

 

それぞれに似合った字体で命名書1つでこんなにも違いこんなにも思いが込められるんだなととても感動したことを覚えています。
本当に紅舟先生に頼んでよかったと思っています。ありがとうございました♡

コンテンツを追加するか、Wix Code のデータベースと接続してください。

命名書1つでこんなにも違いこんなにも思いが込められるんだなととても感動したことを覚えています。